6月より通常の教室運営に戻りました(定員あり)

はじめてマルセイユ・タロットに触れる方へ

湘南タロットスクールはマルセイユ・タロットの教え(アルカナ・秘伝)を通じて、人生をよりよく生きるための方法をお伝えしています。

マルセイユ・タロットでは、どんな時もその人の中に答えがある、と教えます。

自分の心のさらに奥に、答えを知っている自分がいる。

そこを探し当てることが大事な鍵になります。

タロットの絵柄を頼りに、心の奥を自分で観る。究極のセルフカウンセリングでしょう。はじめはうまくいかないかもしれませんが、誰でもできるようになります。

物事に対して何のために努力しているのか、目標が明確であれば、少々苦しくても自ら乗り越えることができます。

しかし、ただ苦しいのであれば、方法がまちがっているか、目標(の設定)が違うからかもしれません。

まさに問題がある

その時こそ、自分の「無意識の考え癖」を見直すチャンスです。
心を捉え、迷いを決意に変えて、一歩ずつ歩く。

その方法をお伝えしています。

さまざまな人生の機会に、ほかの人の正解ではなく、自分の正解を見つけて、信じて歩く。

どんな時もその人の中に答えがある
そして わたしたちは答えをすでに知っている

マルセイユ・タロットは 心を映す鏡

マルセイユ・タロット

1760年代 フランス、マルセイユのニコラ・コンベルが製作した図版が、現代マルセイユ・タロットの基準となっています。現存するものは1400年代まで遡ることができます。

ヨーロッパでは、タロットといえばマルセイユ・タロットを指し、通常はゲームに用いられています。秘教の伝統では瞑想に使われていました。

マルセイユ・タロットの絵柄の中には、エッセンシャルオイル、占星学アストロロジーに関することなどが多く描かれています。マルセイユ・タロットを学べば、無意識を絵柄に映して、これらを総合的に使って自分の心をセルフマネージメントできるようになります。

まさに心の時代にふさわしいツールであると確信しています。